対称座標法 : 行列表示による解析

URI http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/hkg/metadata/782
ファイル
タイトル
対称座標法 : 行列表示による解析
別タイトル
Method of Symmetrical Coodinates
著者
氏名 松尾 邦昭
ヨミ マツオ クニアキ
別名 Matsuo Kuniaki
キーワード
対称座標法
零相電圧
正相電圧
逆相電圧
行列
ベクトル
解法
component of negative-phase sequence
education of generator
component of positive-phase sequence
component of zero-phase sequence
抄録

三相交流の問題は起電力や負荷が平衡している場合は簡単な単相の計算に帰してしまう。しかしながらそれらが非対称になると,とたんに問題がややこしくなり,特に地絡問題や短絡問題などの故障計算の解析には対称座標法が欠かせないものである。この対称座標法というものは非対称な電圧・電流を対称な成分に分解して考えようとするものであるが,発電機方程式なども絡んでくるため,学生にとっては問題を解くにあたり,何を何処に代入するのか迷うものである。このショートペーパーでは,行列とベクトルを用いてこれらの問題を解こうとするものであり,地絡・短絡問題は単純明快な式に帰することを示すものである。
This paper demonstrates the matrix and vector analysis of the problem for the method of symmetrical coordinates of the 3-phase power generation and transmission systems. It is well known that the method of symmetrical coordinates is one of the significant approach of the analysis for the an-symmetrical power systems. Though the equations become quite indistinct for solving such as the one-line grounded and the two-line bonded problems, using the matrices and vectors analysis will show that the calculations of the voltages and currents on the problems become quite simple.

掲載雑誌名
広島国際学院大学研究報告
39
開始ページ
29
終了ページ
39
出版年月日
2006
出版者
広島国際学院大学
ISSN
1345-3858
NCID
AA11419398
本文言語
日本語
資料タイプ
紀要論文
著者版フラグ
出版社版
旧URI
区分
hkg