芸術家と支援者の関係性に関する一考察 : ハワード・S・ベッカーの「芸術の世界」の視点から

URI http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/hkg/metadata/807
File
Title
芸術家と支援者の関係性に関する一考察 : ハワード・S・ベッカーの「芸術の世界」の視点から
Title Alternative
A study of the relationships of artists and their support personnel in making artworks : From the viewpoint of Howard S. Becker’s concept of the ‘Art Worlds'
Author
氏名 谷口 重徳
ヨミ タニグチ シゲノリ
別名 Taniguchi Shigenori
Subject
芸術世界
自己支援型
芸術活動における流通の問題
art worlds
self-support distribution
distribution of art
Abstract

本稿の目的は、「サークルアーティスト」(谷口[2001])とよばれる芸術家と支援者の存様態について理論的な視点から検討を試みることにある。サークルアーティストとは、分自身とその支援者の密接な関係性に活動の基盤を置く芸術家を指す概念である(谷口2001])。本稿では、まず近年の芸術社会学や文化社会学等において、“Distributors”が論的に重視されつつあることを論じる。これは狭義の「流通」にとどまらず、芸術(作品)と社会との関係や、芸術作品の作り手と受け手との関係を媒介するという意味を含む、広義の「流通の担い手」として位置づけられる。次に、本稿は、H・ベッカーによる「芸術世界」の概念を取り上げ、サークルアーティストの概念と関連づけつつ議論を進めていく。関与者による芸術活動の共同性を重視する「芸術世界」の概念は、サークルアーティストの存在様態を検討するうえで、大きな手がかりを与えてくれる。サークルアーティストは、芸術活動のキャリアを通じて、不特定多数ではなく、「比較的閉じられた人間関係の範囲」に活動の基盤を置く。この「比較的閉じられた人間関係の範囲」は、同時に、芸術家とその支援者たちにとっては芸術に対する認識を醸成する場でもありうる。しかし、このことは、作品の不特定多数の受容者への流通可能性を妨げる原因にもなりうる。サークルアーティストにとって、支援者は「流通の担い手」でもあるのだが、支援者は、芸術への認識について、支援対象の芸術家の影響を強く受ける。そのため、不特定多数を対象とした「文化産業システム」に見られるような、作品の流通可能性を高めるための重層的な「フィルター」の機能が期待できない。結果的に、作品の不特定多数への流通可能性が高まらず、作品は、支援者を中心に流通していくのである。本稿は、このようなサークルアーティストとよばれる芸術家とその支援者の関係性を検討することで、芸術活動における媒介の問題をとらえるひとつの視点を提示しようとするものである。

The purpose of this paper is to reconsider the relationship of artists and their support personnel in making artwork. The analysis is largely based on Howard S. Becker's conceptual model of the ‘Art Worlds'. Becker argues that the arts are embedded in what he calls 'art worlds,' which is a network of people whose cooperative activity, organized via their joint knowledge of conventional means of doing things, produces various art works. Becker emphasizes that art is a collective activity, not the product of lone geniuses. Some individuals are called ‘core personnel' because they contribute most of the creative work, have the special skills of an artist, and are the central organizers in creating a piece of artwork. Other individuals are called ‘support personnel' because they perform the remaining activities that require administrative skills, business acumen, or some other supplemental ability. Thus, thecore personnel' and the ‘support personnel' are bundled in an art world. Once the ‘artists' (the core personnel and the support personnel) complete a work, they need to distribute it and invest additional time, money, and materials in the work so that more future resources will be available with which to make more works. Becker discusses three types of distribution systems, including those based on self-support, patronage, and public sale. This paper considers the self-support type. Self-support occurs when ‘artists' (the core personnel and the support personnel), distribute their own work by themselves or through small networks. The latter includes networks focused on friends, family, or partners. The most important limitation of the self-support distribution is that the audience is small. As Paul M. Hirsh discussed, distribution systems are affected in some way by gatekeepers in order for new cultural products or ideas to reach the larger public. Yet for self-support distribution, the artwork is already partially delivered through the distribution system.

Journal Title
現代社会学
Issue
8
Spage
3
Epage
19
Published Date
2007
Publisher
広島国際学院大学現代社会学部
ISSN
1345-3289
NCID
AA11439362
Language
jpn
NIIType
Departmental Bulletin Paper
Text Version
出版社版
Old URI
Set
hkg