在日フィリピン人の介護人材育成に関する予備的考察

URI http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/hkg/metadata/809
File
Title
在日フィリピン人の介護人材育成に関する予備的考察
Title Alternative
A preliminary observation of the care-giving training course for Filipinos in Japan
Author
氏名 高畑 幸
ヨミ タカハタ サチ
別名 Takahata Sachi
Subject
在日フィリピン人
介護労働
職業訓練
Filipino migrants in Japan
vocational training
caregivers
Abstract

本稿は、日本における外国人住民/移民向けの職業訓練の実施における問題点を明らかすることを目的としている。近年、日本各地で在日フィリピン人が介護労働資格をとる動きが出ており、2006年2月には東京で在日フィリピン人介護士協会が設立された。予定では2007年度から日比経済連携協定によりフィリピンから看護師・介護士が来日するが、その時には日本での生活経験がある在日フィリピン人が介護現場と新規に来日するフィリピン人労働者との間に立つ人材となると予想されることから、在日フィリピン人の介護資格取得と人材育成には現代的意味があると言えよう。筆者は、2006年2月から6月にかけて大阪のフィリピン人グループ(結婚などで定住した人びと)が日本の介護資格であるホームヘルパー2級講座を受講する際に言語的補助者として参与観察を行った。知見は2つあり、第1に、講座の受講動機は日本での中年以降の雇用確保が主なものであること、第2に、受講生のなかにはフィリピンで大学卒などの学歴獲得をしても国内経済の停滞から就職がなく日本での興行労働に従事したという、学歴と雇用のミスマッチを経験している人が少なからずおり、そうした人びとにとって日本での資格取得はセルフエスティームを高める機会ともなっていること、である。一方で問題点は、言語、雇用、受講料負担の3点である。もともと日本人受講者向けに作られた講座なので、フィリピン人受講者には高度な日本語能力が要求される。資格取得後も、介護労働の現場ではまだ外国人ヘルパーが珍しい存在であるため、現段階では資格取得と就労先開拓が同時進行している。また、受講料はおおむね10万円かかるのだが、日本で生活をしつつフィリピンへ送金している人びとにとっては負担が大きい。生活保護世帯や母子家庭を対象に受講料補助があれば、より多くの在日外国人が資格をとり介護労働市場に参入できるのではないか。

This paper aims to clarify the issues/problems to be solved in the vocational training course for migrants in Japan. Specifically, the author conducted a participant observation as a linguistic supporter at the care-giving course that a group of Filipinos took in Osaka (February-June 2006) in order to obtain the nationally usable license of caregivers, popularly known as “Home-Helper Level 2”. The findings of this study will include (1)the students of the course are motivated to ensure their employment in Japan after middle-age and (2) some of them have experienced the“miss-match”of their educational attainment and job opportunity in the past and therefore the chance for the license is related to their self-esteem. However, some problems remain in language, employment and the cost to take the course.  Namely, the course itself is designed for Japanese students and Filipinos need to read/write Japanese with technical terms, which is difficult for many of them. The number of caring institutions or hospitals to accept non-Japanese caregivers is limited thus they need to encounter difficulties in finding jobs as pioneers.  The students need to shoulder the cost to take the course (approximately 100,000 Yen), which is not easy. There will be more Filipinos in economically difficult situation like single-mothers who wish to take the course for survival in Japan if there is a system of financial support to uplift their vocational skills.

Journal Title
現代社会学
Issue
8
Spage
21
Epage
38
Published Date
2007
Publisher
広島国際学院大学現代社会学部
ISSN
1345-3289
NCID
AA11439362
Language
jpn
NIIType
Departmental Bulletin Paper
Text Version
出版社版
Old URI
Set
hkg