変遷する日本の自動車店舗に関する一考察

URI http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/hkg/metadata/810
ファイル
タイトル
変遷する日本の自動車店舗に関する一考察
別タイトル
A historical view of Japanese car dealers
著者
氏名 迫 勝則
ヨミ サコ カツノリ
別名 Sako Katsunori
キーワード
プロダクトアウト
マーケットイン
多販売チャネル
ブランドの本質
抄録

80年以上に及ぶ日本の自動車販売の変遷のなかで、国内各社が採用した多チャネル化政策は、日本独自のマーケティング手法だった。同時に、膨大なコストと長い時間をかけた壮大な実験だったといえる。各社の多チャネル化政策は、バブル経済を背景とした一時代、国民に豊かなカーライフを提供してくれた。しかし一方、顧客に高いコストを負担させ、日本市場における日本車ブランドの健全な育成を阻む結果にもなった。そういう意味で、2005年に導入されたトヨタのレクサスプロジェクトは、新たな試み(挑戦)として、注目される。しかし、レクサスプロジェクトの成功に対する筆者の見方は、否定的である。その理由は、ブランドの本質にある。ブランドには、時間経過が必要であり、導入2年のレクサスが、導入120年のベンツに対抗するには、かなりの困難が予想される。トヨタは、本来のトヨタブランドがもつ信頼、真面目、堅実、経済性…といった好イメージに立脚した戦略を進化させる方がよい。トヨタを除く国内各社の多チャネル化政策は、事実上、崩壊した。日本の自動車店舗は、80年の歴史と今日の需要の伸び悩みを背景として、ようやく本来の“在るべき姿”に向かいはじめたように見える。
Japanese automobile companies adopted the “Multi Sales Channel” system after a more than eighty-year long sales history. It was a marketing strategy peculiar to Japan. At the same time, it could be termed a grand experiment requiring vast amounts of time and money. This “Multi Sales Channel” policy provided the nation with an affluent car life for a period within the background of the bubble economy. But on the other hand, it put too heavy a cost on the customers and it hampered the sound development of the Japanese car brand. In that sense, Toyota’s Lexus Project introduced in 2005 has drawn public attention as a novel venture. However, the writer’s view on the project’s chance of success is pessimistic. The reason lies in the essence or intrinsic nature of what we call a “brand.” A “brand” needs history. Barely two-year-old Lexus will probably have a rather hard time competing with the one-hundred-twenty-year-old Mercedes Benz. Toyota would do better to develop a strategy based on its favorite image: reliability, sincerity, steadiness, and being economical, which the Toyota brand in itself has. Except for Toyota, the “Multi Sales Channel” system of Japanese car companies practically collapsed. Prompted by stagnant demand for car today, Japanese car dealers seem to have turned the corner at last after eighty years of history.

掲載雑誌名
現代社会学
8
開始ページ
53
終了ページ
62
出版年月日
2008-04-30T06:48:03Z
出版者
広島国際学院大学現代社会学部
ISSN
1345-3289
NCID
AA11439362
本文言語
日本語
資料タイプ
紀要論文
著者版フラグ
出版社版
旧URI
区分
hkg