資源循環(リサイクル)論の原理 その2 : 不法投棄

URI http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/hkg/metadata/819
ファイル
タイトル
資源循環(リサイクル)論の原理 その2 : 不法投棄
著者
氏名 金子 康紀
ヨミ カネコ ヤスノリ
別名 Kaneko Yasunori
氏名 中村 格芳
ヨミ ナカムラ マサヨシ
別名 Nakamura Masayoshi
氏名 遠藤 敏郎
ヨミ エンドウ トシロウ
別名 Endo Toshiro
キーワード
不法投棄
廃棄物
リサイクル
廃棄物処理法
所有
財産権
循環型社会
廃棄
wastes
recycle
waste manaegement and public cleansing law
sound material-cycle society
possession
property right
illegal dumping
disposal
抄録

This report deal with the discussions of reasons for illegal dumping. Illegal dumping makes the big problems to establish a sound material-cycle society. In short, these problems derived from an individual attitude toward the dumping. To solve these dumping problems, it may be necessary to change the manner of the people and to increase the related social pressures. However, it may also be effective to strength the regulational penalty or to change the national minds. In the future, it will be solved finally by that almost all the people feel the guilty about illegal dumping as the same guilty as larceny.

本稿は廃棄物の不法投棄について考察したものである。不法投棄は循環型社会構築のためには大きな阻害要因となっている。その原因は結局のところ,個人の意識レベル(社会的制約)の問題であり,対策はそれの向上しかない。しかし,罰則の強化等の法的手段はさしあたって効果的であろう。最終的には「みだりに物を捨てる」という行為が,「物を盗む」のと同じくらい恥ずかしいことになってはじめて解決をみるのではないかと思われる。

掲載雑誌名
広島国際学院大学研究報告
38
開始ページ
35
終了ページ
43
出版年月日
2005
出版者
広島国際学院大学
ISSN
1345-3858
NCID
AA11419398
本文言語
日本語
資料タイプ
紀要論文
著者版フラグ
出版社版
旧URI
区分
hkg