化学めっき法によるスターリングエンジン用多管式加熱器ヒータ管の接合に関する基礎的研究

URI http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/hkg/metadata/12029
ファイル
タイトル
化学めっき法によるスターリングエンジン用多管式加熱器ヒータ管の接合に関する基礎的研究
別タイトル
A Fundamental Study on Joining Tubes by Chemical Plating to the Tube-Sheet for a Stirling Engine Shell and Tube Heat Exchanger
著者
氏名 劉 華鋼
ヨミ
別名 Liu Huagang
氏名 三上 恭孝
ヨミ ミカミ ヤスタカ
別名 Mikami Yasutaka
氏名 黄 樹偉
ヨミ
別名 Huang Shuwei
キーワード
Stirling Engine
Shell & Tube Heater
Junction Method
Tube and Tube-Sheet
Chemical Plating
Strength of Junction
スターリングエンジン
多管式加熱器
接合方法
ヒータ管と管板
化学めっき法
接合強度
抄録

Stainless steel tubes for a Stirling engine shell and tube heater are usually joined to the tube-sheet by welding or brazing. Since the heater is exposed directly and continuously to high temperature gases, the welding junction can be damaged due to intergranular corrosion. For the silver brazed junctions, the wax may melt if the temperature reaches about 700℃. To develop a new joining method to solve these problems, fundamental research was carried out on applying the chemical plating to such junctions. Firstly, the properties of the chemical plating film were reviewed, which showed that it may be applied to join the heater tube to the tube-sheet. Secondly, the plating process was optimized for such applications. Finally, the adhesion strength between the plating film and the tube-sheet surface, as well as the strength of the junction, was experimentally tested.

スターリングエンジン用多管式加熱器のステンレス製ヒータ管は,通常,溶接や銀ロウなどにより,管板への接合が行われている。加熱器が直接かつ連続的に高温ガスに曝されるため,溶接による接合部は粒界腐食により破損することがある。一方,銀ロウの場合では,温度がおよそ700℃に達するとロウが溶けることがある。これらの問題を解決するための新しい接合法を開発するために,本研究は,化学めっき法による接合の可能性に着目し,この方法に関する基礎的研究を行った。そこでは,まず,化学めっき法による皮膜の物性を調べ,ヒータ管接合の適合性を検討した。次に,この化学めっき法をヒータ管接合に用いるための最適化を行った。最後に,皮膜の密着強度や,ヒータ管と管板との接合強度などを,実験的に調べた。

査読の有無
査読有
掲載雑誌名
広島国際学院大学研究報告
49
開始ページ
1
終了ページ
8
出版年月日
2016-12
出版者
広島国際学院大学
ISSN
1345-3858
NCID
AA11419398
本文言語
日本語
資料タイプ
紀要論文
著者版フラグ
出版社版
区分
hkg