コンドルセ『多数決論』の研究 : 陪審定理と啓蒙思想

URI http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/hkg/metadata/1464
ファイル
タイトル
コンドルセ『多数決論』の研究 : 陪審定理と啓蒙思想
別タイトル
Condorcet's Studies on Majority Decision : The Jury Theorem and the Enlightenment
著者
氏名 沢田 善太郎
ヨミ サワダ ゼンタロウ
別名 Sawada Zentaro
キーワード
陪審定理
多数決
コンドルセ
啓蒙
集団的決定
社会的選択理論
the jury theorem,majority decision
Condorect
the Enlightenment
collective decision
social choice theory
抄録

本稿ではコンドルセが『多数決論』で提出した陪審定理を検討し,社会的決定過程の分析に役だちそうないくつかの含意をみちびくとともに,その限界を指摘する。陪審定理は啓蒙主義の人間観・真理観に制約されている。この結果,陪審定理をもちいてさまざまな価値が錯綜する現実の意思決定過程を分析しようとすると,困難が生じる。それゆえ,今日の社会的選択理論は,コンドルセがいわば窮余の策としてもちいたコンドルセ規則をベースに展開し,陪審定理をかえりみることはすくない。にもかかわらず,社会的決定過程において正しい決定がくだされる確率を探求するコンドルセの議論は,社会的選択理論の今後の発展にとって無視できない課題を示唆している。In this paper,we will examine the jury theorem which Condorcet proposed in his study on majority decision at 1785. Then,we will clarify not only its useful implications for the studies of collective decisions,but also its limitations. Condorcet's model was too influenced with the views of “humanity” and “truth” in the age of the Enlightenment. Thus,we must encounter many difficulties, if we are going to apply his model to the analysis of today's decision processes,where many values are conflicting with one another. Therefore,recent social choice theories are developing on the basis of “Condorcet's rule” which was only an ad-hoc hypothesis for Condorcet's thought. His main idea,that is,the jury theorem itself is rarely referred. Nevertheless, the jury theorem to explore the probability of the “right” decision will suggest important keys for the progress of the studies on social choices and collective decisions.

掲載雑誌名
現代社会学
5
開始ページ
3
終了ページ
24
出版年月日
2004
出版者
広島国際学院大学現代社会学部
ISSN
1345-3289
NCID
AA11439362
本文言語
日本語
資料タイプ
紀要論文
著者版フラグ
出版社版
旧URI
区分
hkg