トウェイン作『ジャンヌ・ダルク』をよむ

URI http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/hkg/metadata/1527
File
Title
トウェイン作『ジャンヌ・ダルク』をよむ
Title Alternative
Mark Twain's Joan of Arc: A Reading
Author
氏名 前沖 壽孝
ヨミ マエオキ トシタカ
別名 Maeoki Toshitaka
Subject
Mark Twain
Joan of Arc
Adventures of Huckleberry Finn
Huck
dream
reality
pessimism
Abstract

Mark Twain is an American writer who became very popular by writing the stories of adventure. In them there are such heroes as an orphan Tom and a street urchin Huck. He wrote Adventures of Huckleberry Finn,and he varied his unique style of writing of Adventures of Huckleberry Finn eleven years later. He composed Joan of Arc in which a heroic boy Huck was transformed into a heroine Joan of Arc. This work is not his own daydreaming story of adventure,but a real,pessimistic,and heroine one. What made Twain undergo this transfiguration? This paper is to inquire into the difference between Huck and Joan of Arc for the purpose of searching for the cause.

マーク・トウェインは孤児トムや浮浪児ハックを主人公にした冒険物語で世に出たアメリカ人作家である。その彼が『ハックルベリー・フインの冒険』を書き終えてから十一年後には,彼独自の執筆スタイルを変えた。主人公を男児ハックからジャンヌという女児にかえた『ジャンヌ・ダルク』という作品を書いた。この作品は彼特有の空想に富んだ冒険物語でなく,現実を直視したペシミズムが漂う女傑物語を執筆したものであった。トウェインのこの変容はどうして生じたのであろうか。本稿はその原因を探るために,ハックとジャンヌの違いを考察したものである。

Journal Title
広島国際学院大学研究報告
Volume
35
Spage
141
Epage
144
Published Date
2004
Publisher
広島国際学院大学
ISSN
1345-3858
NCID
AA11419398
Language
jpn
NIIType
Departmental Bulletin Paper
Text Version
出版社版
Old URI
Set
hkg