演習応募における学生の選択行動の分析

URI http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/hue/metadata/10532
ファイル
タイトル
演習応募における学生の選択行動の分析
別タイトル
An Empirical Study on Students' Choice Behavior in a Student-Seminar Matching Problem
著者
氏名 堀江 真由美
ヨミ ホリエ マユミ
別名 Horie Mayumi
抄録

大学での演習(ゼミ)プログラムの演習応募-選考手続きを,学生と担当教員とのマッチング・メカニズムとして捉えた場合に,マッチングの安定性や効率性に深刻な影響を及ぼす学生側の選択行動パターンが実際には観察される。本稿では,提携選好,定員,手続きにおける選好の変化について,2010年12月に実施した「演習(ゼミ)募集-選考システムに関する調査」から検証する。提携選好については,およそ2/3の学生が提携選好を持ち,平均的には3人提携が見られる。また,現行の応募-選考手続きでは,第2次以降募集で募集締切となる演習が順次増加していくことから,第2次以降の応募では演習を選択する際に「定員に達していない」ことがより重視される。特に,第3次以降の応募では,他の要因の優先度を犠牲にしてでも,承認される演習に応募したいという傾向が強まることが確認される。

掲載雑誌名
広島経済大学経済研究論集
34
4
開始ページ
125
終了ページ
132
出版年月日
2012-03
出版者
広島経済大学経済学会
ISSN
0387-1436
NCID
AN00212083
本文言語
日本語
資料タイプ
紀要論文
著者版フラグ
出版社版
旧URI
区分
hue