日本におけるコーポレート・ガバナンス制度改革の最新動向とその経営的意義

URI http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/hue/metadata/12175
File
Title
日本におけるコーポレート・ガバナンス制度改革の最新動向とその経営的意義
Title Alternative
The Direction and Significance of the Latest Corporate Governance System Reforms in Japan
Author
氏名 高岡 義幸
ヨミ タカオカ ヨシユキ
別名 Takaoka Yoshiyuki
Contents

はじめに 1.CG 制度改革の時系列的概観 1.1 1990年代半ばから2008年までの状況 1.2 2008年から今日までの主要なCG制度改革策 2.推進主体別に見た各施策の趣旨 2.1 政府の施策(自民党の対策を含む)2.2 東京証券取引所の施策 2.3 経済界の取り組み 2.4 共通して見られる主要方策 3.諸方策に見られる新規性とその経営的意義 3.1 社外取締役設置の現状と変革 3.2 「監査等委員会設置会社」新設の経営的意義 3.3 スチュワードシップ・コードの経営的意義 3.4 CGコードの経営的意義 おわりに

Journal Title
広島経済大学経済研究論集
Volume
37
Issue
4
Spage
31
Epage
46
Published Date
2015-3-31
Publisher
広島経済大学経済学会
ISSN
0387-1436
NCID
AN00212083
Language
jpn
NIIType
Departmental Bulletin Paper
Text Version
出版社版
Set
hue