新型コロナウイルス感染症ショックとプロバスケットボールリーグの戦力均衡─B.LEAGUEとNBAにおける2019-20シーズン中断の経験─

URI http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/hue/metadata/12455
ファイル
タイトル
新型コロナウイルス感染症ショックとプロバスケットボールリーグの戦力均衡─B.LEAGUEとNBAにおける2019-20シーズン中断の経験─
別タイトル
The COVID-19-Shock and Competitive Balance of Professional Basketball League : A Case of the Suspension of the 2019–20 Season of B.LEAGUE and NBA
著者
氏名 永田 智章
ヨミ ナガタ トモアキ
別名 Nagata Tomoaki
抄録

本稿では,新型コロナウイルス感染症が世界的に拡大する影響で,2019-20シーズンを途中で打ち切ることを強いられたプロバスケットボールリーグ(B.LEAGUEとNBA)に焦点を当て,そのリーグの魅力が損なわれたのかを,試合結果の不確実性仮説に基づいて検証を行った。スポーツ経済学の視点からみると,スポーツリーグが観客を惹きつけるためにはリーグに所属するクラブ間の戦力均衡が欠かせない。各クラブの成績を分析した結果,この感染症拡大により当該バスケットボールリーグの戦力均衡が乱されたという証拠は見当たらなかった。

掲載雑誌名
広島経済大学経済研究論集
43
1
開始ページ
1
終了ページ
11
出版年月日
2020-07-31
出版者
広島経済大学経済学会
ISSN
0387-1436
NCID
AN00212083
責任DOI
本文言語
日本語
資料タイプ
紀要論文
著者版フラグ
出版社版
区分
hue