グローバリゼーションと中国の対外経済関係論(下-1)

URI http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/hue/metadata/9472
File
Title
グローバリゼーションと中国の対外経済関係論(下-1)
Author
氏名 片岡 幸雄
ヨミ カタオカ サチオ
別名 Kataoka Sachio
Contents

まえがき 一 第二次大戦後における二つの対抗するグローバリズム―資本主義対社会主義の対峠 1 リベラリズムの経済理論におけるグローバリズム 2 マルクス主義経済理論におけるグローバリズム 3 両グローバリズムの対峠の狭間におけるナショナリズムの地位 二 社会主義グローバリズムの現実展開過程における相克と社会主義陣営の崩壊 1 東欧における社会主義陣営の崩壊 2 中国のソ連主導型社会主義陣営からの離脱,対立・対抗から新たな国家間関係へ(以上第27巻第3号) 三 中国の社会主義陣営崩壊認識と新たな対外戦略 1 聯美反蘇外交 2 世界的な社会主義革命論の取り下げ,ナショナリズムへの傾斜,反覇権闘争 四 中国にみるマルクス主義グローバリズム,ナショナリズムと国民国家 1 マルクス主義グローバリズムにおける民族問題と国民国家 2 中国におけるマルクス主義グローバリズムと社会主義民族国家論(以上第27巻第4号) 五 現下のグローパリゼーションに対する中国の対外経済関係認識 1 現下のグローバリゼーションの風潮に対する中国の基本姿勢 2 経済のグローバリゼーションと現下の世界政治経済に対する中国の認識 六 経済のグローバリゼーション下における中国対外貿易と外資利用の定在 1 工業化の発展段階と対外貿易の内的構造からみた貿易戦略と政策指向 2 経済のグローパリゼーション下における要素流動化と国際分業の新展開(本号)

Journal Title
広島経済大学経済研究論集
Volume
28
Issue
3
Spage
89
Epage
106
Published Date
2005-12
Publisher
広島経済大学経済学会
ISSN
0387-1436
NCID
AN00212083
NAID
40007098880
Language
jpn
NIIType
Departmental Bulletin Paper
Text Version
出版社版
Old URI
Set
hue