コンパクトシティから見た地方都市の都市施設の分布と地域持続性の関連性 : 広島市を事例として

URI http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/it-hiroshima/metadata/10546
ファイル
タイトル
コンパクトシティから見た地方都市の都市施設の分布と地域持続性の関連性 : 広島市を事例として
別タイトル
Relation between Distribution of stricture and sustainability of community of local city in view of compact cities : Case study of Hiroshima city
著者
氏名 今川 朱美
ヨミ イマガワ アケミ
別名 Imagawa-Sato Akemi
氏名 小田 雄司
ヨミ オダ ユウシ
別名 Oda Yushi
キーワード
compact-city
walking distance
life convenient facilities
抄録

The Compact City or city of short distances is an urban planning and urban design concept, which promotes relatively high residential density with mixed land uses. It is based on an efficient public transport system and has an urban layout. In recent years city planners, developers and policymakers have increasingly looked towards designing a more compact city in order to achieve a more sustainable urban form. This study considers, these neighborhoods bring work and facilities within convenient reach of the community, and this proximity means less driving for everyday needs.

掲載雑誌名
広島工業大学紀要. 研究編
46
開始ページ
7
終了ページ
11
出版年月日
2012-02
出版者
広島工業大学
ISSN
1346-9975
NCID
AA11599110
NAID
40019182358
本文言語
日本語
資料タイプ
紀要論文
著者版フラグ
出版社版
旧URI
区分
it-hiroshima