環境共生型地域の緑被率と持続可能性に関する考察 : 緑化による地域と環境への効果

URI http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/it-hiroshima/metadata/10547
ファイル
タイトル
環境共生型地域の緑被率と持続可能性に関する考察 : 緑化による地域と環境への効果
別タイトル
A study of green space ratio and sustainability in a symbiosis area : Regional and environmental effects of Green Infrastructure
著者
氏名 今川 朱美
ヨミ イマガワ アケミ
別名 Imagawa-Sato Akemi
氏名 村上 大輔
ヨミ ムラカミ ダイスケ
別名 Murakami Daisuke
キーワード
Garden City
green space
sustainability
抄録

Green Infrastructure is a concept originating in the United States that highlights the importance of the natural environment in decisions about land-use planning. In particular there is an emphasis on the “life support” functions provided by a network of natural ecosystems, with an emphasis on interconnectivity to support long-term sustainability. It is necessary the Green to making of health and nature life at The Residential area in Japan. This study shown that the Green Coverage Ratio in Residential area in Hiroshima, based on the estimation of the vegetation cover ratio and the amount of CO2.

掲載雑誌名
広島工業大学紀要. 研究編
46
開始ページ
13
終了ページ
19
出版年月日
2012-02
出版者
広島工業大学
ISSN
1346-9975
NCID
AA11599110
本文言語
日本語
資料タイプ
紀要論文
著者版フラグ
出版社版
旧URI
区分
it-hiroshima