地域密着型PBL による計画系講義の実践 ― 広島市植物公園の改修計画をテーマとして ―

URI http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/it-hiroshima/metadata/12168
ファイル
タイトル
地域密着型PBL による計画系講義の実践 ― 広島市植物公園の改修計画をテーマとして ―
別タイトル
A trial Practice of PBL Methods for Planning ―A Case study of“ Hiroshima-city botanical park Renovation plan”―
著者
氏名 今川 朱美
ヨミ イマガワ アケミ
別名 Imagawa Akemi
氏名 石井 義裕
ヨミ イシイ ヨシヒロ
別名 Ishii Yoshihiro
キーワード
Engineering design
Projest Based Learning
Planning studies
Civil engineering education
抄録

都市デザイン工学科では土木系の技術者教育を行っている。技術者に求められる能力を育成するために,これまでもエンジニアリングデザイン教育を行ってきたが,加えて地域密着型PBL を導入することにより,学んだ専門分野の知識を活用し,創造する能力を高める効果を確認した。2016 年度前期開講の都市情報デザイン(2 年生必修)と空間創造実習(3 年生選択)において,本学の所在する広島市がこれから検討しようとしている「広島市植物公園改修計画」を先駆けて行なった。植物公園管理者にスポットで計画指導にあたっていただき,植物公園園長に大変高い評価をいただいている。取り組み成果は,本学大学祭で学科展を開催し発表する。

掲載雑誌名
広島工業大学紀要. 教育編
16
開始ページ
11
終了ページ
16
出版年月日
2017-02
出版者
広島工業大学
ISSN
1346-9983
NCID
AA11599121
本文言語
日本語
資料タイプ
紀要論文
著者版フラグ
出版社版
区分
it-hiroshima