蛍光タンパク質の各種変異体を用いた生命系学生実験教材の開発

URI http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/it-hiroshima/metadata/12314
ファイル
タイトル
蛍光タンパク質の各種変異体を用いた生命系学生実験教材の開発
別タイトル
Development of a Fluorescent Protein-based Laboratory Course for Life Science Students
著者
氏名 中井 忠志
ヨミ ナカイ タダシ
別名 NAKAI Tadashi
キーワード
fluorescent protein
protein expression
protein purification
GFP mutant
抄録

DNA からタンパク質への遺伝情報の流れは生命系の学生にとって重要で基礎的な学修内容であるが、深い
学びのためには学生実験でDNA とその産物のタンパク質をともに細胞から抽出・精製し、それらの性質を調
べるといった実習が望まれる。しかし、学生実験では1 つのテーマに割ける時間は限られているので、短期間
でそれらの関連分野をまとめて学修できる内容を検討した。その結果、緑、赤、藍、橙の4 色の蛍光タンパク
質(それぞれ、GFP、RFP、CFP、OFP)の各遺伝子を大腸菌に導入し、少量の培養液から各蛍光タンパク質
を精製できる系を開発した。構築したプラスミドは、高コピーの複製起点とアンピシリン耐性遺伝子をもち、
ポリヒスチジンタグを融合させた各蛍光タンパク質の高発現を可能とする。各蛍光タンパク質を発現した大腸
菌はいずれも明瞭な色を呈し、Ni アフィニティカラムにより容易に発現タンパク質を精製できる。

掲載雑誌名
広島工業大学紀要.教育編
19
開始ページ
61
終了ページ
69
出版年月日
2020-02
出版者
広島工業大学
ISSN
1346-9983
NCID
AA11599121
本文言語
日本語
資料タイプ
紀要論文
著者版フラグ
区分
it-hiroshima