フォローアッププログラムアンケートに対する回答結果:ピア・サポーターから

URI http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/it-hiroshima/metadata/12316
File
Title
フォローアッププログラムアンケートに対する回答結果:ピア・サポーターから
Title Alternative
Questionnaire Answers Regarding the Follow-up Program:by Peer Supporters
Author
氏名 廣瀬 英雄
ヨミ ヒロセ ヒデオ
別名 HIROSE Hideo
Subject
follow-up program class
peer supporter
follow-up program testing
collaborative work testing
learning check testing
item response theory
Abstract

2016年度から始まったフォローアッププログラム(FP)において、受講生は上級生からのピア・サポートを
受けてきた。ここでは、2016年度から2018年度までの3 年間のうちのどこかでピア・サポーターを担当した学
生に、FP に対するアンケートを行った結果を報告する。アンケート結果の要点は次のとおりである。
1 . サポーターは、FP の意義を十分理解した上で、教えることによる自己成長を期待し、自己実現を成し遂
げられたと感じている。
2 .サポーターは、教員との連携もうまくいき、教えることもうまくいったと感じている。
3 . サポーターは、FP の効果の限界を知りながらも、FP の実施の重要性を認識し、FP の継続をとても強く
望んでいる。
4 . 教育効果を上げるためには、1 人のサポーターが受け持つ受講生の担当数は3 人から5 人までが好ましい
と感じている。

Journal Title
広島工業大学紀要. 教育編
Volume
19
Spage
81
Epage
88
Published Date
2020-02
Publisher
広島工業大学
ISSN
1346-9983
NCID
AA11599121
Language
jpn
NIIType
Departmental Bulletin Paper
Text Version
Set
it-hiroshima