中山間地域における高齢者の生活行動と移動に関する研究安芸太田町を事例として

URI http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/it-hiroshima/metadata/12330
ファイル
タイトル
中山間地域における高齢者の生活行動と移動に関する研究安芸太田町を事例として
別タイトル
A Study of Life Behavior and Activity Range in Rapidly Aging Mountainous Regions Based on Research in Akiohta Cho
著者
氏名 今川 朱美
ヨミ イマガワ アケミ
別名 IMAGAWA Akemi
氏名 田辺 博樹
ヨミ タナベ ヒロキ
別名 TANABE Hiroki
氏名 横畠 龍祐
ヨミ ヨコハタ リュウスケ
別名 YOKOHATA Ryusuke
キーワード
Agricultural Communities
Mountainous or Semi-Mountainous Areas
Elderly
Living Activity
Next-Generation Mobility
抄録

広島県で最も高齢化の進む安芸太田町(高齢化率49.3%)は典型的な中山間地域である。この地において特
徴的な4 地区をフィールドとし、地域高齢者の行動調査を行った。その結果、移動は、自宅と目的地を往復す
ることが多く、その移動ルートは現在の公共交通網と重複する箇所が多い。買い回りのニーズが少ないため、
利便性向上や経済活性化のため、施設の集約化・多目的化を進めることは不可欠であることが明らかになった。

掲載雑誌名
広島工業大学紀要. 研究編
54
開始ページ
57
終了ページ
62
出版年月日
2020-02
出版者
広島工業大学
ISSN
1346-9975
NCID
AA11599110
本文言語
日本語
資料タイプ
紀要論文
著者版フラグ
出版社版
権利情報
publisher
区分
it-hiroshima