初期角速度制御したセルトの静止座標系におけるスピン反転角測定

URI http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/it-hiroshima/metadata/12388
ファイル
タイトル
初期角速度制御したセルトの静止座標系におけるスピン反転角測定
別タイトル
Spin Inversion Angle Measurement in the Stationary Coordinate System of Celt with Controlled Initial Angular Velocity
著者
氏名 徳原 雅之
ヨミ トクハラ マサユキ
別名 Masayuki TOKUHARA
氏名 橋元 滉太
ヨミ ハシモト コウタ
別名 Kota HASHIMOTO
氏名 前田 仁
ヨミ マエダ ジン
別名 Jin MAEDA
氏名 鬼追 一雅
ヨミ キオイ カズマサ
別名 Kazumasa KIOI
キーワード
celt, rattleback, wobble stone, angular velocity
抄録

セルトの初期角速度(初速)が変わっても、反転するまでの回転角(反転角)は変化せず一定であることが理論的に示されている[7]。しかし実験では確認されておらず実験的検証が望まれている。そこで我々はセルトの初速と反転角との関係の実験的検証を目指して実験系の構築を行った。初速の制御のために、新たにランチャーおよびランチャー駆動装置ならびに初速制御装置の開発を行った。またスピン角速度の解析にはフリーソフトのkinovea を用いて静止座標系動画像から解析を行う方法を採用した。これらにより、初速制御されたセルトの静止座標系におけるスピン反転角測定が可能になった。測定の結果、短周期角速度変動を伴ってスピン反転する様子を捉えることができた。

掲載雑誌名
広島工業大学紀要. 研究編
55
開始ページ
41
終了ページ
45
出版年月日
21-Feb
出版者
広島工業大学
ISSN
1346-9975
NCID
AA11599110
本文言語
日本語
資料タイプ
紀要論文
著者版フラグ
出版社版
区分
it-hiroshima