炭素繊維プレートによる鋼構造建物の長寿命化に関する研究(その4) : 床を考慮した小ばりの曲げ補強について

URI http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/it-hiroshima/metadata/3713
ファイル
タイトル
炭素繊維プレートによる鋼構造建物の長寿命化に関する研究(その4) : 床を考慮した小ばりの曲げ補強について
別タイトル
Life Prolongation of Steel Building Using Carbon Fiber Reinforced Plastic Plate (Part4) : Bending Force Rehabilitation of Secondary Beam with Slab
著者
氏名 玉井 宏章
ヨミ タマイ ヒロユキ
別名 Tamai Hiroyuki
氏名 高松 隆夫
ヨミ タカマツ タカオ
別名 Takamatsu Takao
氏名 原 伸幸
ヨミ ハラ シンコウ
別名 Hara Shinko
氏名 櫻庭 誠
ヨミ サクラバ マコト
別名 Sakuraba Makoto
氏名 灰谷 徳治
ヨミ ハイタニ トクジ
別名 Haitani Tokuji
氏名 服部 明生
ヨミ ハットリ アケオ
別名 Hattori Akeo
キーワード
carbon fiber reinforced plastic plate
rehabilitated steel beam and adhesive properties
NDC
524.2
抄録

Aging and deterioration of existing steel structures necessitates the development of simple and efficient rehabilitation techniques. To enhance the usage life of existing steel buildings, a strengthening method with bonding continuous fiber reinforced plastic plates (FRP) and the analysis model who predicts flexural rigidity and a bending moment carrying capacity has been required. This paper reports the results of bending tests conducted on a Narrow H-shaped steel beam with slab before and after rehabilitation using CFRP plates. An analytical model that can predict the flexural rigidity of rehabilitated steel beam is also proposed.

掲載雑誌名
広島工業大学紀要. 研究編
40
開始ページ
111
終了ページ
118
出版年月日
2006
出版者
広島工業大学
ISSN
13469975
NCID
AA11599110
本文言語
日本語
資料タイプ
紀要論文
著者版フラグ
出版社版
旧URI
区分
it-hiroshima