炭素繊維プレートによる鋼構造建物の長寿命化に関する研究(その3) : 化学プラント架構小ばり補剛の実施工例

URI http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/it-hiroshima/metadata/3770
ファイル
タイトル
炭素繊維プレートによる鋼構造建物の長寿命化に関する研究(その3) : 化学プラント架構小ばり補剛の実施工例
別タイトル
Life Prolongation of Steel Building Using Carbon Fiber Reinforced Plastic Plate (Part3) : Rehabilitation of Secondary Beam in Chemical Plany Frame
著者
氏名 玉井 宏章
ヨミ タマイ ヒロユキ
別名 Tamai Hiroyuki
氏名 高松 隆夫
ヨミ タカマツ タカオ
別名 Takamatsu Takao
氏名 原 伸幸
ヨミ ハラ シンコウ
別名 Hara Shinko
氏名 櫻庭 誠
ヨミ サクラバ マコト
別名 Sakuraba Makoto
氏名 灰谷 徳治
ヨミ ハイタニ トクジ
別名 Haitani Tokuji
氏名 服部 明生
ヨミ ハットリ アケオ
別名 Hattori Akeo
キーワード
carbon fiber reinforced plastic plate
bending rehabilitation
case study
NDC
524.2
抄録

To enhance the usable life of existing steel buildings,a strengthening method with bonding continuous fiber reinforced plastic (FRP) plates has been developed by authors. Deep corrosion was observed in a chemical plant frame bleached in chemical atmosphere for a long term. 40% lack of beam rhickness was confirmed in the frame. The frame is appointed inan explosionprotection area,and a constructer cannot use fire during rehabilitation and repair. Therefore a strengthening method with bonding Carbon FRP was adopted.In this paper the progress of rehabilitation by bonding carbon FRP plates are introduced. Also,this paper reports the results of bending tests conducted on secondary beams in chemical plant frame before and after rehabilitation using Carbon FRP plates.

掲載雑誌名
広島工業大学紀要. 研究編
40
開始ページ
103
終了ページ
109
出版年月日
2006
出版者
広島工業大学
ISSN
13469975
NCID
AA11599110
本文言語
日本語
資料タイプ
紀要論文
著者版フラグ
出版社版
旧URI
区分
it-hiroshima