人との協調にもとづく昆虫の行動制御法(第二報)-昆虫の脳内機構モデルに基づく行動発見モデル-

URI http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/it-hiroshima/metadata/486
File
Title
人との協調にもとづく昆虫の行動制御法(第二報)-昆虫の脳内機構モデルに基づく行動発見モデル-
Author
氏名 柳内 陽平
ヨミ
別名
氏名 玉野 和保
ヨミ タマノ カズホ
別名
Subject
昆虫
制御
協調
NDC
481.3
Abstract

昆虫は優れた感覚器官と運動機能を持っている。本研究は人からの制御意図を昆虫に伝え、それによる、人との協調関係により昆虫の能力を有効利用する方法を考察した。本研究は脳神経に電気信号を与えて強制的に生物を制御、あるいは機能部分だけを取り出して利用する一方的な方法でなく、生物の行動も認めながら人の行動意図と融合した、協調による行動の実現を目指している。 本報告では、実験結果と脳内機構モデルに基づき、脳内のCPG間をFuzzy関係で記述することで、刺激に対する行動発現のモデル構築を試みた。

Journal Title
電気・情報関連学会中国支部連合大会講演論文集
Volume
58
Spage
278
Epage
279
Published Date
2007-10
Publisher
電気・情報関連学会中国支部
NCID
AA11138730
Language
jpn
NIIType
Conference Paper
Text Version
出版社版
Old URI
Set
it-hiroshima