トランジスタ移相器について(その2)

URI http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/it-hiroshima/metadata/7122
ファイル
タイトル
トランジスタ移相器について(その2)
別タイトル
On Transistor Phase Shifter (Part 2)
著者
氏名 沖根 光夫
ヨミ オキネ ミツオ
別名 Okine Mitsuo
氏名 中村 正孝
ヨミ ナカムラ マサタカ
別名 Nakamura Masataka
NDC
541.1
抄録

Recently,a number of studies have been reported in the literature for the realization of all-pass network using operational amplifiers,gyrator and N. I. C.. However,the problem of circuit sensitivity will occur in these networks. In part (1) of this paper,we have shown a first-order all-pass network,in which a transistor is employed just to take the place of a transformer. From the same point of view,this paper describes the realization of a second-order all-pass,and shows that the phase shift can be changed continuously. 最近の論文で,演算増幅器 ・ジャイレータ ・NICを用いたall-pass回路について報告されているが,これらのall-pass回路は回路安定性が問題となる。第一報では,Bilinear Theorem により変成器の代りにただ一個lのトランジスタを用い一次型all-pass回路を実現した。この論文lこ於いては同様な観点から,二次型all-pass回路を示し,移相が連続可変可能であることを報告する。

掲載雑誌名
広島工業大学研究紀要
5
1
開始ページ
69
終了ページ
73
出版年月日
Nov-70
出版者
広島工業大学
ISSN
3851672
NCID
AN0021271X
本文言語
日本語
資料タイプ
紀要論文
著者版フラグ
出版社版
関連URL
旧URI
区分
it-hiroshima