担当検事が被疑者から弁護人との接見内容を聴取し、これを調書化して証拠調べ請求したことは違法であるとして、国の国家賠償責任が認められた事例( 福岡高判平成2 3 年7月1 日判例時報2 1 2 7 号9 頁)

URI http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/jcga/metadata/12079
File
Title
担当検事が被疑者から弁護人との接見内容を聴取し、これを調書化して証拠調べ請求したことは違法であるとして、国の国家賠償責任が認められた事例( 福岡高判平成2 3 年7月1 日判例時報2 1 2 7 号9 頁)
Title Alternative
A Study of Recent Japanese Criminal Procedure· Cases: Confidential Communication between Defendant and Defense Attorney
Author
氏名 河村 有教
ヨミ カワムラ アリノリ
別名 Kawamura Arinori
Journal Title
海保大研究報告, 法文学系
Volume
57
Issue
2
Spage
113
Epage
138
Published Date
2013-03-29
Publisher
海上保安大学校
ISSN
0453-0993
NCID
AN10033863
Self DOI
Language
jpn
NIIType
Departmental Bulletin Paper
Text Version
出版社版
Sort Key
05
Old URI
Set
jcga