刑事判例研究 警察官らの違法な取調べにより直接得られた第一次的証拠である被告人の自白のみならず、第二次的証拠である覚せい剤及びその鑑定書等の証拠能力を否定した事例(東京高判平成25年7月23日判時2201号141頁)

URI http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/jcga/metadata/12211
File
Title
刑事判例研究 警察官らの違法な取調べにより直接得られた第一次的証拠である被告人の自白のみならず、第二次的証拠である覚せい剤及びその鑑定書等の証拠能力を否定した事例(東京高判平成25年7月23日判時2201号141頁)
Title Alternative
A Study of Recent Japanese Criminal Procedure Cases : Voluntariness of Confessions and Evidences Derived from Non-voluntary Confessions (July 23 2013, Tokyo HIgh Court)
Author
氏名 河村 有教
ヨミ カワムラ アリノリ
別名 KAWAMURA Arinori
Journal Title
海保大研究報告, 法文学系
Volume
60
Issue
1
Spage
99
Epage
116
Published Date
20151030
Publisher
海上保安大学校
ISSN
0453-0993
NCID
AN10033863
Self DOI
Language
jpn
NIIType
Departmental Bulletin Paper
Text Version
出版社版
Sort Key
05
Set
jcga