刑事判例研究 警察官らの違法な取調べにより直接得られた第一次的証拠である被告人の自白のみならず、第二次的証拠である覚せい剤及びその鑑定書等の証拠能力を否定した事例(東京高判平成25年7月23日判時2201号141頁)

URI http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/jcga/metadata/12211
ファイル
タイトル
刑事判例研究 警察官らの違法な取調べにより直接得られた第一次的証拠である被告人の自白のみならず、第二次的証拠である覚せい剤及びその鑑定書等の証拠能力を否定した事例(東京高判平成25年7月23日判時2201号141頁)
別タイトル
A Study of Recent Japanese Criminal Procedure Cases : Voluntariness of Confessions and Evidences Derived from Non-voluntary Confessions (July 23 2013, Tokyo HIgh Court)
著者
氏名 河村 有教
ヨミ カワムラ アリノリ
別名 KAWAMURA Arinori
掲載雑誌名
海保大研究報告, 法文学系
60
1
開始ページ
99
終了ページ
116
出版年月日
20151030
出版者
海上保安大学校
ISSN
0453-0993
NCID
AN10033863
責任DOI
本文言語
日本語
資料タイプ
紀要論文
著者版フラグ
出版社版
ソートキー
05
区分
jcga