捜査におけるビデオ撮影とGPS等使用の適法性についてー大阪高裁平成28年3月2日判決, 大阪地裁平成27年7月10日判決, 大阪地裁平成27年6月5日決定を素材にしてー

URI http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/jcga/metadata/12228
File
Title
捜査におけるビデオ撮影とGPS等使用の適法性についてー大阪高裁平成28年3月2日判決, 大阪地裁平成27年7月10日判決, 大阪地裁平成27年6月5日決定を素材にしてー
Title Alternative
An Investigation of the Video-recording and the Use of Global Positioning System(GPS) Technology without Warrant and Its Legal Academic Arguments in Japan
Author
氏名 河村 有教
ヨミ カワムラ アリノリ
別名 Kawamura Arinori
Contents

はじめに
1.事案の概要と第一審・控訴審の判断
2.捜査におけるビデオ撮影の適法性
 1)写真撮影をめぐる学説の整理
 2)写真撮影における「現行犯性」の要件
 3)任意処分としてのビデオ撮影の許容性
3.捜査におけるGPS等使用の適法性
 1)GPS等使用による権利侵害
 2)GPS等使用と検証許可状
おわりに

Journal Title
海保大研究報告, 法文学系
Volume
61
Issue
1
Spage
57
Epage
86
Published Date
2016-10-31
Publisher
海上保安大学校
ISSN
0453-0993
Self DOI
Language
jpn
NIIType
Departmental Bulletin Paper
Text Version
出版社版
Sort Key
03
Set
jcga