捜査におけるビデオ撮影とGPS等使用の適法性についてー大阪高裁平成28年3月2日判決, 大阪地裁平成27年7月10日判決, 大阪地裁平成27年6月5日決定を素材にしてー

URI http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/jcga/metadata/12228
File
Title
捜査におけるビデオ撮影とGPS等使用の適法性についてー大阪高裁平成28年3月2日判決, 大阪地裁平成27年7月10日判決, 大阪地裁平成27年6月5日決定を素材にしてー
Title Alternative
An Investigation of the Video-recording and the Use of Global Positioning System(GPS) Technology without Warrant and Its Legal Academic Arguments in Japan
Author
氏名 河村 有教
ヨミ カワムラ アリノリ
別名 Kawamura Arinori
Contents

はじめに13;
1.事案の概要と第一審・控訴審の判断13;
2.捜査におけるビデオ撮影の適法性13;
 1)写真撮影をめぐる学説の整理13;
 2)写真撮影における「現行犯性」の要件13;
 3)任意処分としてのビデオ撮影の許容性13;
3.捜査におけるGPS等使用の適法性13;
 1)GPS等使用による権利侵害13;
 2)GPS等使用と検証許可状13;
おわりに

Journal Title
海保大研究報告, 法文学系
Volume
61
Issue
1
Spage
57
Epage
86
Published Date
2016-10-31
Publisher
海上保安大学校
ISSN
0453-0993
Self DOI
Language
jpn
NIIType
Departmental Bulletin Paper
Text Version
出版社版
Sort Key
03
Set
jcga