刑事手続における情報通信技術(ICT)の利用と国際刑事司法共助-国際刑法学会第19回国際刑法会議の刑事手続部会での議論の紹介を主に-

URI http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/jcga/metadata/12237
File
Title
刑事手続における情報通信技術(ICT)の利用と国際刑事司法共助-国際刑法学会第19回国際刑法会議の刑事手続部会での議論の紹介を主に-
Title Alternative
Use of Information and Communication Technology (ICT) in Criminal Procedures, and International Criminal Judicial Assistance―Focus on those discussions from the Criminal Procedure at the International Association of Penal Law's 19th International Congress―
Author
氏名 河村 有教
ヨミ カワムラ アリノリ
別名 Kawamura Arinori
Contents

はじめに
1.捜査及び行政警察活動における情報通信技術(ICT)の利用と適法性の担保
  1)情報通信技術(ICT)利用によって制約・侵害される権利
  2)強制的手段による情報通信技術(ICT)の利用における適法性の担保
2.国際刑事司法共助についてのわが国の国内法的対応と今後の展望
3.国外での捜査及び国際刑事司法共助のあり方
おわりに

Journal Title
海保大研究報告, 法文学系
Volume
61
Issue
2
Spage
77
Epage
103
Published Date
2017-03-29
Publisher
海上保安大学校
ISSN
0453-0993
NCID
AN10033863
Self DOI
Language
jpn
NIIType
Departmental Bulletin Paper
Text Version
出版社版
Sort Key
04
Set
jcga