日本の死因究明制度の現状と課題について―刑事訴訟法上の検視及び司法解剖と「警察等が取り扱う死体の死因又は身元の調査等に関する法律」上の調査解剖を中心に―

URI http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/jcga/metadata/12269
File
Title
日本の死因究明制度の現状と課題について―刑事訴訟法上の検視及び司法解剖と「警察等が取り扱う死体の死因又は身元の調査等に関する法律」上の調査解剖を中心に―
Title Alternative
The Current Situation and Issues of Criminal Death Investigation andAdministrative Inquiry of Corpses in Japan― Postmortem Inspection and Judicial Autopsy under Criminal ProcedureLaw and Autopsy under the Identity (Corpse) Inquiry Act ―
Author
氏名 河村 有教
ヨミ カワムラ アリノリ
別名 KAWAMURA Arinori
Contents

Ⅰ はじめに
Ⅱ 検視及び司法解剖と「死因身元調査法」上の調査解剖の手続き
 1)刑事訴訟法上の検視と司法解剖
 2)死体検案と検視
 3)「死因身元調査法」上の調査解剖
 4)警察と海上保安庁の相違点
Ⅲ  検視及び司法解剖と「死因身元調査法」上の調査解剖の運用実態
 1)岡山県における司法解剖と調査解剖の運用実態
 2)海上保安庁第六管区内の司法解剖と調査解剖の運用実態
Ⅳ おわりに

Journal Title
海保大研究報告, 法文学系
Volume
63
Issue
2
Spage
61
Epage
81
Published Date
2019-03-29
Publisher
海上保安大学校
NCID
AN10033863
Language
jpn
NIIType
Departmental Bulletin Paper
Text Version
出版社版
Sort Key
03
Set
jcga