【研究報告】地域ケアシステムのネットワーク推進に関する要因 ―地域包括支援センターにおける直営型と委託型の違いに焦点を当てて―

URI http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/jrchcn/metadata/10313
ファイル
タイトル
【研究報告】地域ケアシステムのネットワーク推進に関する要因 ―地域包括支援センターにおける直営型と委託型の違いに焦点を当てて―
著者
氏名 眞崎 直子
ヨミ マサキ ナオコ
別名
氏名 飯村 富子
ヨミ イイムラ トミコ
別名
氏名 松原 みゆき
ヨミ マツバラ ミユキ
別名
氏名 森本 千代子
ヨミ モリモト チヨコ
別名
氏名 森田 深雪
ヨミ モリタ ミユキ
別名
キーワード
地域包括支援センター
ケアマネジメント
地域づくり
Community Comprehensive Support Center
Management of Community Care
Health Promotion of Community
NDC
369.26
抄録

本研究の目的は,地域ケアシステムを構築するために,ネットワークを推進する要因を明らかにすることである。設立主体が行政直営型と行政からの委託型である2地域における地域包括支援センターの職員に対し,フォーカスグループインタビューを行い,地域ケアシステム構築のためのネットワーク推進に関連する内容を抽出し,カテゴリー化を行った。分析の結果をカテゴリーを【】,サブカテゴリーを〈〉で示す。直営型では,〈住民〉,〈専門職〉と【基盤づくり】を行い,【ニーズを知る】,【課題を明確化する】,【働きかける】ことで,住民との信頼関係から地域全体でネットワーク作りを推進していた。一方,委託型では,【活動を通じて学ぶ】,【ネットワーク会議を開く】,【活動を充実させる】,【包括が目指す方向を定める】〈包括の活動がスムーズにいくように調整をする〉をしていた。地域包括支援センターは,地域ニーズを整理・明確化し,住民・行政・専門職種との連携のかけ橋となりネットワークを推進していく機能を求められていると考える。

掲載雑誌名
日本赤十字広島看護大学紀要
12
開始ページ
27
終了ページ
36
出版年月日
2012
出版者
日本赤十字広島看護大学
ISSN
1346-5945
NCID
AA11554983
本文言語
日本語
資料タイプ
紀要論文
著者版フラグ
ソートキー
04
旧URI
区分
jrchcn