手術室臨地実習担当者の学生への関わり

URI http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/jrchcn/metadata/12007
ファイル
タイトル
手術室臨地実習担当者の学生への関わり
別タイトル
Involvement of Operating Room Practicum Instructors with Students
著者
氏名 池田 奈未
ヨミ イケダ ナミ
別名 IKEDA Nami
氏名 百田 武司
ヨミ ヒャクタ タケシ
別名 HYAKUTA Takeshi
氏名 植田 喜久子
ヨミ ウエダ キクコ
別名 UEDA Kikuko
氏名 三村 聖子
ヨミ ミムラ サトコ
別名 MIMURA Satoko
キーワード
看護学生
手術室実習
臨地実習担当者
抄録

手術室の臨地実習担当者の実習指導における学生への関わりを明らかにすることを目的とした。手術室の臨地実習担当者6名にフォーカスグループインタビューを実施し,質的帰納的に分析した。手術室の臨地実習担当者の実習指導における学生への関わりとして,【実習指導体制を決定する】,【実習目標を達成するため指導内容を選択する】,【学生の学習効果が高まるように関わる】,【学生の看護実践能力を高めることができるように関わる】,【実習目標をふまえ実習指導計画の課題を明らかにする】,【実習担当者としての自分を振り返る】のカテゴリーを見出した。手術室の臨地実習担当者は,手術室実習の特殊性を捉え,学生の体調管理に気遣い,学生と対話するように取り組み,学習方法として患者擬似体験を取り入れ,学生が実習に積極的に取り組める環境を整えることで,学生が手術室看護を理解することを促していることが示唆された。

内容記述

研究報告

掲載雑誌名
日本赤十字広島看護大学紀要
13
開始ページ
33
終了ページ
40
出版年月日
2013-03
出版者
日本赤十字広島看護大学
ISSN
1346-5945
NCID
AA11554983
本文言語
日本語
資料タイプ
紀要論文
著者版フラグ
出版社版
ソートキー
05
区分
jrchcn