看護実践力を育成するためのVOD システム活用の効果に関する調査

URI http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/jrchcn/metadata/12009
File
Title
看護実践力を育成するためのVOD システム活用の効果に関する調査
Title Alternative
Effects of use of a video-on-demand system for cultivating practical nursing skills
Author
氏名 末廣 久美子
ヨミ スエヒロ クミコ
別名 SUEHIRO Kumiko
氏名 百田 武司
ヨミ ヒャクタ タケシ
別名 HYAKUTA Takeshi
氏名 森本 千代子
ヨミ モリモト チヨコ
別名 MORIMOTO Chiyoko
氏名 平賀 睦
ヨミ ヒラガ チカ
別名 HIRAGA Chika
Subject
VODシステム
看護実践力
活用効果
Abstract

目的:VOD(Video On Demand)システムを活用することで,学生の看護実践力の育成にどのような効果を得たのかを評価し,課題を検討することを目的とした。
方法:本学の全学年の学部学生を対象に質問紙調査を実施し,項目ごとに記述統計を行った。
結果:527名に質問紙を配布し,273名から有効な回答を得た(回収率51.8%)。「身についた」と回答した割合が「看護技術力」は66.7%であったが,「コミュニケーション力」,「看護判断力」,「ヒューマン・ケアリング関係形成力」,「チーム構築力」は40%以下であった。
考察:学生自身が主観的効果を得ていたことがうかがえることから,「看護技術力」を強化するための効果は得られたと評価できる。今後は,学生が看護技術の工夫や応用ができるように,思考を強化するための方法を検討する必要があることが示唆された。さらに,看護実践力育成における効果を検討するためには,客観的評価の方法についても検討が必要である。

Description

研究報告

Journal Title
日本赤十字広島看護大学紀要
Volume
13
Spage
49
Epage
57
Published Date
2013-03
Publisher
日本赤十字広島看護大学
ISSN
1346-5945
NCID
AA11554983
Language
jpn
NIIType
Departmental Bulletin Paper
Text Version
出版社版
Sort Key
07
Set
jrchcn