総合看護実習における臨地実習指導者が認知する学生の学び― 看護管理の視点に着目して―

URI http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/jrchcn/metadata/12038
File
Title
総合看護実習における臨地実習指導者が認知する学生の学び― 看護管理の視点に着目して―
Title Alternative
Learning of nursing students recognized by the clinical practicum instructors in comprehensive clinical practice ― focus on aspects of Nursing management ―
Author
氏名 村田 美和
ヨミ ムラタ ミワ
別名 MURATA Miwa
氏名 村田 由香
ヨミ ムラタ ユカ
別名 MURATA Yuka
氏名 新沼 剛
ヨミ ニイヌマ タケシ
別名 NIINUMA Takeshi
氏名 新道 幸惠
ヨミ シンドウ サチエ
別名 SHINDO Sachie
Subject
看護管理
実習指導者
学生の学び
Nursing management
Clinical practicum instructor
Nursing students
Abstract

 本研究の目的は,総合看護実習における臨地実習指導者が認知する学生の看護管理の視点の学びを明らかにすることである。本研究は,質的記述的研究であり,対象者には研究の目的,方法,内容および倫理的配慮について説明し同意が得られた臨地実習指導者7名(A 看護大学の総合看護実習施設の内の4施設)に半構成的面接法を行った。その結果,臨地実習指導者が認知した看護管理の視点の学びは,【看護ケアを支える仕組みと役割】【個人とチーム全体の時間管理と多重課題】【リーダーや認定看護師から学ぶリーダーシップ】【患者中心のチーム医療と連携】【個人情報保護に関する情報管理】【病棟管理者のマネジメントと役割】【事前学習から拡がる実習目標の学び】【気づきにくい安全対策と教育支援のプロセス】【学生の学びから得られる指導する側の学び】の9のカテゴリーが抽出された。学生は事前学習による自己目標設定と臨地実習指導者の学生の経験の場づくりにより実習の学びを深めていた。

Description

資料

Description Peer Reviewed
Journal Title
日本赤十字広島看護大学紀要
Volume
15
Spage
101
Epage
109
Published Date
2015-03
Publisher
日本赤十字広島看護大学
ISSN
1346-5945
NCID
AA11554983
Language
jpn
NIIType
Departmental Bulletin Paper
Text Version
出版社版
Sort Key
12
Set
jrchcn