妊娠期から育児期までの母親に対する育児支援プログラムによるストレスへの効果

URI http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/jrchcn/metadata/12044
ファイル
タイトル
妊娠期から育児期までの母親に対する育児支援プログラムによるストレスへの効果
別タイトル
The effects of a childcare support program on stress in mothers during pregnancy and the child rearing period
著者
氏名 奥村 ゆかり
ヨミ オクムラ ユカリ
別名 OKUMURA Yukari
氏名 渡邉 聡美
ヨミ ワタナベ サトミ
別名 WATANABE Satomi
氏名 勝田 真由美
ヨミ カツタ マユミ
別名 KATSUTA Mayumi
氏名 中村 敦子
ヨミ ナカムラ アツコ
別名 NAKAMURA Atsuko
氏名 木村 佳代子
ヨミ キムラ カヨコ
別名 KIMURA Kayoko
氏名 鈴木 美恵子
ヨミ スズキ ミエコ
別名 SUZUKI Mieko
キーワード
育児支援プログラム
育児ストレス
育児不安
Childcare Support Program
Stress
Anxiety
抄録

 本研究の目的は,育児支援プログラムによる母親へのストレスの効果を明らかにすることである。対象は,妊娠期27 名,育児期51 名の母親とした。プログラム前後に,唾液アミラーゼ,HF,LF/HF,新版STAI,対児感情尺度,エジンバラ産後うつ病自己評価票(EPDS)を測定した。
 妊娠期のプログラムは,HF の有意な上昇(p < 0.05),状態不安の有意な低下(p < 0.001),対児感情の拮抗指数の有意な低下をさせた(p < 0.01)。育児期のプログラムは,唾液アミラーゼ値の有意な低下(p < 0.001),HF の有意な上昇(p < 0.05),状態不安の有意な低下をさせた(p < 0.001)。さらに,対児感情の接近得点の有意な上昇(p < 0.001),回避得点(p < 0.05)および拮抗指数(p < 0.01)の有意な低下をさせた。
 育児支援プログラムは母親のストレスおよび不安を軽減し,児へのアンビバレントな感情を低下させた。今後は,妊娠期から育児期における継続的支援の効果を検証し,ストレスや不安が高い,うつ傾向のある母親へのプログラムについても検討する必要がある。

内容記述

研究報告

査読の有無
掲載雑誌名
日本赤十字広島看護大学紀要
15
開始ページ
51
終了ページ
58
出版年月日
2015-03
出版者
日本赤十字広島看護大学
ISSN
1346-5945
NCID
AA11554983
本文言語
日本語
資料タイプ
紀要論文
著者版フラグ
出版社版
ソートキー
6
区分
jrchcn