NPO 法人主催による看護マネジメント力育成研修会の評価― 参加者による看護マネジメント塾の有用性について―

URI http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/jrchcn/metadata/12082
ファイル
タイトル
NPO 法人主催による看護マネジメント力育成研修会の評価― 参加者による看護マネジメント塾の有用性について―
別タイトル
Evaluation of nursing management skills training cram school organized by NPO Corporation ― utility of nursing management cram school by participants ―
著者
氏名 村田 由香
ヨミ ムラタ ユカ
別名 MURATA Yuka
氏名 新宅  祐子
ヨミ シンタク ユウコ
別名 SHINTAKU Yuko
氏名 西山  史江
ヨミ ニシヤマ フミエ
別名 NISHIYAMA Fumie
氏名 近末  清美
ヨミ チカスエ キヨミ
別名 CHIKASUE Kiyomi
氏名 山本  真由美
ヨミ ヤマモト マユミ
別名 YAMAMOTO Mayumi
氏名 川島  睦子
ヨミ カワシマ ムツコ
別名 KAWASHIMA Mutuko
氏名 新道  幸惠
ヨミ シンドウ サチエ
別名 SHINDO Sachie
キーワード
看護マネジメント力
評価
看護マネジメント塾
抄録

目的:NPO 法人主催による看護マネジメント塾の評価を実施し,効果的な企画運営を検討した。
方法:平成27 年までの3 年間に本塾に参加した137 名の看護師に質問紙調査を実施した。質問紙は塾参加により役立ったことや勤務部署で実践していることなどの項目で構成した。
結果:回収率27.7%,平均看護職経験年数は26.1 年,職位は看護師長47%,係長34%,スタッフ等18%であった。参加動機は【学習意欲,向上心】等5 カテゴリー,参加の意味は【キャリア開発】等の4 カテゴリー,役立ったことは【人材育成】等4 カテゴリー,勤務場所の実践は【学習内容の実践】等5 カテゴリー,自身の変化は【マネジメント能力の獲得】等5 カテゴリーを抽出した。
考察:塾はテーマを決めて1 クール5 回開催し,講義とディスカッションを繰り返し実施していることが様々な施設と交流することを可能にし,経験学習の場としての役割を果たしていることが推察された。

内容記述

研究報告

査読の有無
掲載雑誌名
日本赤十字広島看護大学紀要
17
開始ページ
9
終了ページ
17
出版年月日
2017-03
出版者
日本赤十字広島看護大学
ISSN
1346-5945
NCID
AA11554983
本文言語
日本語
資料タイプ
紀要論文
著者版フラグ
出版社版
ソートキー
02
区分
jrchcn