クリティカルケア領域における看護師による医療事故の未然防止事例の検討

URI http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/jrchcn/metadata/12104
ファイル
タイトル
クリティカルケア領域における看護師による医療事故の未然防止事例の検討
別タイトル
Study of medical error prevention by nurses in the critical care field
著者
氏名 三輪 晃子
ヨミ ミワ アキコ
別名 MIWA Akiko
キーワード
未然防止
医療事故
クリティカルケア
抄録

 本研究の目的は,クリティカルケア領域において看護師によりどのように医療事故が未然防止されているかを明らかにし,医療事故を未然防止できる看護師を育成するための示唆を得ることである。日本医療機能評価機構の医療事故情報収集等事業のデータベースを用い,2014年から2018年までのICU,救急部門,外科部門における「ヒヤリ・ハット事例報告」を概要別に収集し,その中から医療事故が未然防止された事例170件を抽出した。その後,最も多かった薬剤事例163件を分析した結果,約8割が注射薬の場面であった。医療事故を未然防止するために,看護師は自らが最終行為者として患者に薬剤投与を実施する責任から,他の医療者の行為を過信せず,自らも間違える存在であることを自覚したうえで確認作業を行っていた。医療事故を未然防止できる看護師の育成に向けて,個人の目視による確認作業の精度を高めていくことの必要性が示唆された。

内容記述

資料

査読の有無
掲載雑誌名
日本赤十字広島看護大学紀要
20
開始ページ
35
終了ページ
43
出版年月日
2020-03
出版者
日本赤十字広島看護大学
ISSN
1346-5945
NCID
AA11554983
責任DOI
本文言語
日本語
資料タイプ
紀要論文
著者版フラグ
出版社版
ソートキー
04
区分
jrchcn