【資料】医療的ケアを必要とする子どもの在宅支援に関する文献検討

URI http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/jrchcn/metadata/941
File
Title
【資料】医療的ケアを必要とする子どもの在宅支援に関する文献検討
Author
氏名 田川 紀美子
ヨミ タガワ キミコ
別名
氏名 種吉 啓子
ヨミ タネヨシ ケイコ
別名
氏名 鈴木 真知子
ヨミ スズキ マチコ
別名
Subject
医療的ケア
重症児
家族
在宅支援
Abstract

 医療的ケアを必要とする子どもとその親・家族への在宅支援の現状を把握し、QOL向上に向けて、重症児の在宅介護支援環境を整備する上での課題を明らかにすることを目的とし、1986年から2002年までの文献からテーマに関連ある143文献を抽出した。その結果、以下のことが明らかになった。
1.年次を追うにしたがって医療的ケアを必要とする子どもとその親・家族への在宅支援に関する文献数は増加の傾向にある。
2.外泊・外出を在宅療養への移行段階と捉え、技術指導の方策をテーマに検討したものが多かった。しかし、親・家族は技術的な指導だけではなく、退院後の生活を踏まえた、多面的な内容の退院指導を求めている。
3.医療的ケアを必要とする子どもの在宅療養には、子どもへの影響のみならず親・家族への影響を考慮した支援を考える必要がある。
4.子どもの成長・発達とともに必要とされる支援は変化してくることを踏まえ、長期的な展望に立った子どもを対象とする在宅療養のシステムの確立と利用拡大、地域との具体的な連携や在宅看護を視野に入れた外来看護のあり方などを考える必要がある。

Journal Title
日本赤十字広島看護大学紀要
Volume
3
Spage
61
Epage
68
Published Date
2003
Publisher
日本赤十字広島看護大学
ISSN
1346-5945
NCID
AA11554983
Language
jpn
NIIType
Departmental Bulletin Paper
Text Version
Sort Key
08
Old URI
Set
jrchcn