『原理』におけるリカードウのセイ評価

URI http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/onomichi-u/metadata/3019
File
Title
『原理』におけるリカードウのセイ評価
Title Alternative
Evaluatino of J.B.Say in D.Recardo's Principles
Author
氏名 佐藤 滋正
ヨミ サトウ シゲマサ
別名 Sato Shigemasa
Subject
富と価値の区別
資本過剰論
販路説
収入の資本への転化
剰余(生産物)
J.B.セイ
H.トラワ
D.リカードウ
Abstract

J.B.セイは、リカードウの『原理』においてスミスと並ぶ大きな位置づけを与えられている。本橋は、リカードウのセイヘの論及箇所の検討を通して、リカードウ理論の逆照射を試みたものである。(二)と(三)では「書簡」と『原理』におけるセイヘの言及が摘出・吟味され、主要論点が「価値論」と「資本蓄積論」に収斂することが確認される。(四)では、"富と価値の区別論"と"資本過剰否定論"として展開される上記二論点が、リカードウにおいては"社会的剰余"概念によって関連づけられた、という試論が展開される。(五)ではリカードウとトラワの「書簡」が検討され、「私的利益」を原理とするセイの「企業家」概念へのリカードウの高い評価が取り出される。「価値論」における異質性を含みつつも、リカードウのセイ評価は、スミスに対するリカードウ「資本蓄積論」の特異性を際立たせてくれると言えるだろう。

Description

尾道大学

論文

Article

Journal Title
尾道大学経済情報論集(2011年度まで)
Volume
3
Issue
2
Spage
11
Epage
30
Published Date
2003-12-31
Publisher
尾道大学経済情報学部
ISSN
1346-9991
NCID
AA11597272
Self DOI
Language
jpn
NIIType
Departmental Bulletin Paper
Text Version
出版社版
Old URI
Set
onomichi-u