リカードウ『原理』第20章の研究

URI http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/onomichi-u/metadata/3025
ファイル
タイトル
リカードウ『原理』第20章の研究
別タイトル
A Study on Chapter XX of D.Ricardo's : On the Princples of Political Economy, and Taxation
著者
氏名 佐藤 滋正
ヨミ サトウ シゲマサ
別名 Sato Shigemasa
キーワード
富と価値の区別
効用
自然的富
生産費
企業家
土地所有
穀物尺度論
J.B.セイ
抄録

本稿は、リカードウ『原理』第20章「価値と富、その示差的な特性」におけるセイ批判を、『原理』初・2版と第3版、リカードウとセイの「書簡」、セイの『経済学概論』第2、4、5版、およびスミス『国富論』、を素材として研究したものである。論旨を一言で述べるならば、リカードウは、セイの「効用」概念を媒介にした「価値」の「交換価値」への横滑り論を批判し、また、セイの富の絶対的増大論は評価しつつも、そこに前提されてしまっている「土地所有」への無自覚を批判した、ということになるだろう。(二)(三)では『原理』第3版の概観が。(四)では「書簡」を通して第3版の改訂に至る経緯がそれぞれ示され、また、(五)では『原理』初・2版と第3版の対比的吟味が、(六)では第3版出版後のリカードウとセイの「書簡」に見られる両者の理論的対立点の析出が、そして(七)ではリカードウ第20章の資本蓄積論的総括が、それぞれ試みられている。

内容記述

尾道大学

論文

Article

掲載雑誌名
尾道大学経済情報論集(2011年度まで)
4
1
開始ページ
47
終了ページ
72
出版年月日
2004-06-30
出版者
尾道大学経済情報学部
ISSN
1346-9991
NCID
AA11597272
責任DOI
本文言語
日本語
資料タイプ
紀要論文
著者版フラグ
出版社版
旧URI
区分
onomichi-u