リカードウ『原理』第24章の研究

URI http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/onomichi-u/metadata/3041
ファイル
タイトル
リカードウ『原理』第24章の研究
別タイトル
A Study on Chapter XXIV of D. Ricardo's On the Principles of Political Economy, and Taxation
著者
氏名 佐藤 滋正
ヨミ サトウ シゲマサ
別名 Sato Shigemasa
キーワード
鉱山地代
穀物価格
穀物輸入
借地期間
所有論
スミス
相対的豊度
抄録

本稿は、リカードウ『原理』第24章「土地の地代に関するアダム・スミスの学説」を検討したものである。同章は、第32章「地代に関するマルサス氏の意見」とともにリカードウ"地代論"の補論章を構成しているが、夥しいスミスからの引用を通してリカードウ理論の主題が垣間見えてくる。第2節で解読を試み、地代ゼロの最劣等地の存在問題・鉱山地代論における優等地規定・改良と地主の利益の関連・穀物輸入と穀物価格論、という諸論点が析出された。また第3節では、(1)"資本蓄積論"との関連でスミス"外国貿易論"との相違、(2)"地代論"の中軸に位置する「相対的豊度」概念が「土地」でなく「資本」という社会的実態との相関概念であること、(3)借地期間の満了とともに地主の所有権下に移る「異常な利潤」が「所有」問題へのリカードウの理論的関心を示していることが、それぞれ剔出・展開された。

内容記述

論文

Article

掲載雑誌名
尾道大学経済情報論集(2011年度まで)
6
1
開始ページ
15
終了ページ
31
出版年月日
2006-06-30
出版者
尾道大学経済情報学部
ISSN
1346-9991
NCID
AA11597272
責任DOI
本文言語
日本語
資料タイプ
紀要論文
著者版フラグ
出版社版
旧URI
区分
onomichi-u