景観保全について : 経済学の視点から

URI http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/onomichi-u/metadata/3043
File
Title
景観保全について : 経済学の視点から
Title Alternative
A landscape Preservation from an economic prespective
Author
氏名 荒井 貴史
ヨミ アライ タカシ
別名 Arai Takashi
Subject
景観法
景観保全
景観利益
景観行政
Abstract

景観に関する総合的な法律である景観法が、2005年6月1日に完全施行となった。従来の地方公共団体での景観保全のための取り組みは、自主条例の形で作った景観条例に基づいていたので限界があった。景観法は、その問題を法的規制の面で解決する。本稿では、景観法施行以前の景観保全手段(規制)として、何があったかをまとめ、同時に景観法施行にあわせて改正された点および創設された制度に留意する。また、景観法によって如何に景観が保全、形成できるかを景観法の概説を兼ねて述べた後、景観を保全、形成することの経済学的な根拠や意味について考察する。

Description

論文

Article

Journal Title
尾道大学経済情報論集
Volume
6
Issue
2
Spage
133
Epage
154
Published Date
2006-12-31
Publisher
尾道大学経済情報学部
ISSN
1346-9991
NCID
AA11597272
Self DOI
Language
jpn
NIIType
Departmental Bulletin Paper
Text Version
出版社版
Old URI
Set
onomichi-u