広島県の財政支出と経済効果

URI http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/onomichi-u/metadata/5369
File
Title
広島県の財政支出と経済効果
Title Alternative
Financial Expenditure and Its Econornic Effect on the Economy of Hiroshima Prefecture
Author
氏名 山口 三十四
ヨミ ヤマグチ ミトシ
別名 Yamaguchi Mitoshi
氏名 三次 真理子
ヨミ ミヨシ マリコ
別名 Miyoshi Mariko
Subject
広島県の財政支出
地域振興冷淡者原田泰への批判
地方分権
地方財政の格差
Abstract

本稿は、地方分権の歴史を調べ、地方財政の各都道府県の格差を観察し、地方財
政の経済への貢献を計測することを目的とするものである。計量的分析の結果から、
第1に、批判の多い国庫支出金や地方交付税等、またそれらを使用した投資的経
費や移転金等の財政支出は、広島県では全く無駄になってはおらず、地域貢献に大
いに役立つていることが示された。第2は、児童手当や家族手当等の出生率への
政策の重要性も示された、第3は、道路の建設や下水道の建設によるインフラの
整備も地域貢献に大いに役立つている点等も示されている。 そして、地域振興冷淡
者である原田泰の意見は、全く根拠のない放言であるとの切り捨てを行っている。
そこで、これらの計量的分析を踏まえた政策提言は、「創造的で生き生きとした安心できる社会」の実現のためには、地方分権は必要であり、地方自治体に権限と財
源はかかせないと述べている。

Contents

1 はじめに
2 地方分権の背景と歴史
3 地方財政制度の歴史
4 財政赤字と地域振興冷淡者
5 地方財政の計量的分析
6 計測結果の政策的含蓄
7 おわりに

Journal Title
尾道大学経済情報論集
Volume
8
Issue
2
Spage
69
Epage
88
Published Date
2008-12-31
Publisher
尾道大学経済情報学部
ISSN
1346-9991
NCID
AA11597272
Self DOI
Language
jpn
NIIType
Departmental Bulletin Paper
Text Version
出版社版
Old URI
Set
onomichi-u