尾道青色申告会とその形状

URI http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/onomichi-u/metadata/5652
ファイル
タイトル
尾道青色申告会とその形状
別タイトル
Onomichi-BRA and Its Configuration
著者
氏名 川田 一義
ヨミ カワダ カズヨシ
別名 Kawada Kazuyoshi
キーワード
青色申告
社団化
シャウプ勧告
公平課税
抄録

青色申告とは、一定の帳簿書類を備え付け、それに基づいて正確な所得を計算し申告する納税者に対して、税制上の特典を認める制度である。この特典を受けようとする場合には、税務署長より確定申告を青色の特別な申告書で提出することの承認を受けなければならない。青色申告の普及・育成を通じて、正しい申告り内税と企業経営の合理化を図ることを目的として、個人事業主によって組織されている団体が青色申告会(Blue Return Association)である。現在、全国で3000会以上、会員は100万人を超えている。ここでは、尾道の青色申告会の変遷を例に取りながら、青色申告制度の創設、推移、及び、今後のあり方等を考える。

掲載雑誌名
尾道大学経済情報論集
5
2
開始ページ
63
終了ページ
83
出版年月日
2005-12-31
出版者
尾道大学経済情報学部
ISSN
1346-9991
NCID
AA11597272
責任DOI
NAID
110007000763
本文言語
日本語
資料タイプ
紀要論文
著者版フラグ
出版社版
旧URI
区分
onomichi-u