中等教育における体育・スポーツの変遷と発展について(尾道市内高等学校の開校から今日まで)

URI http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/onomichi-u/metadata/5186
ファイル
タイトル
中等教育における体育・スポーツの変遷と発展について(尾道市内高等学校の開校から今日まで)
別タイトル
Changes and Advance of Physical Education in Secondary Education and Sports―From the Opening of a High School in Onomichi City to Today―
著者
氏名 平松 携
ヨミ ヒラマツ スガル
別名 Hiramatsu Sugaru
キーワード
中等教育
尾道市内
体育・スポーツ
変遷
発展
抄録

1 戦前の運動活動 
戦前に開校したのは、尾道商業学校、尾道高等女学校、尾道中学の3校である。
運動会は、3 校とも創立後の早い時期に開催している。このことから運動会は学校
教育の範疇で重要な行事の一つであった。寒中稽古は、3 校とも1 月の寒期に武道
の寒稽古を10 日間程実施している。寒中稽古は、心身の鍛練を目的にしたもので
3校とも学校教育で価値ある行事の一つであった。
3 校の運動の特長ある行事をみると、尾道商業学校は大遠泳であった。尾道高等
女学校の運動は女性らしいバレーボールとテニスに人気があった。尾道中学校は、
毎週、尾道中学から千光寺まで3キロメートルのマラソン、月に1度の10 キロメ
ートルのマラソン、年に1度の18 キロメートルのマラソンであった。
2 戦前から体操・体練から今日の保健体育へ
尾道高等女学校の教科をみると、開学からの昭和17 年まで体操科、昭和18 か
ら21 年まで3年間の教練、戦後の昭和22 年から23 年の2年間の体育、24 年から
今日までの保健体育と変遷してきた。
3 戦後の運動部の活躍
広島県高等学校総合体育大会の団体優勝、総合優勝を学校別にみると、各校が運
動部の隆盛が読み取れた。昭和20 年代は尾道北高等学校の独占から、昭和30 年
代は尾道商業高等学校の独壇場と移った。昭和40 年代以降は尾道高等学校の黄金
時代となっていった。広島県高等学校野球連盟で甲子園に尾道商業高等学校が7回
出場し、準優勝2回を数えた。また、尾道高校の水泳男子は全国大会、国際大会で
優秀な成績を残した。昭和20 年代と30 年代において、好成績をあげた運動部指
導教員は、母校に赴任し指導した教員が多かった。

目次

Ⅰ 学校の開校と研究目的
Ⅱ 戦前中等教育の身体活動から
1 戦前における各校の運動会
(1)尾道商業学校の運動会
(2)尾道高等女学校の運動会
(3)尾道中学校の運動会
2 寒中稽古
(1)尾道商業学校の寒稽古
(2)尾道高等女学校の寒稽古(弓道)
(3)尾道中学校の寒稽古(柔道、剣道)
3 尾道商業学校の大遠泳
4 尾道高等女学校のバレーボール
5 尾道中学校のマラソン・中国駅伝
Ⅲ 戦前の体操から戦後の保健体育へ
1 尾道高等女学校から今日の尾道東高等学校の教科の変遷 
2 尾道高等女学校の開校から100 年間の保健体育担当教員
Ⅳ 戦後の運動部活動
1 広島県総合体育大会優勝校の変遷
2 尾道商業高等学校の野球部の活躍
3 尾道高等学校の水泳部の活躍
4 各高等学校の運動部の活躍
Ⅴ 終わりに

掲載雑誌名
尾道大学経済情報論集
9
2
開始ページ
75
終了ページ
120
出版年月日
2009-12-31
出版者
尾道大学経済情報学部
ISSN
1346-9991
NCID
AA11597272
責任DOI
本文言語
日本語
資料タイプ
紀要論文
著者版フラグ
出版社版
旧URI
区分
onomichi-u