関節拘縮発生抑制を目的とした関節可動域運動の効果―ラットの足関節中間位固定を用いた実験的研究―

URI http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/pu-hiroshima/metadata/10776
File
Title
関節拘縮発生抑制を目的とした関節可動域運動の効果―ラットの足関節中間位固定を用いた実験的研究―
Title Alternative
The effect of range of motion exercise to prevent joint contracture: An experimental study on the rat ankle upon the position of joint fixation in neutral
Author
氏名 佐々木 典恭
ヨミ ササキ ノリヤス
別名 SASAKI Noriyasu
氏名 上松 明日香
ヨミ ウエマツ アスカ
別名 UEMATSU Asuka
氏名 石田 修平
ヨミ イシダ シュウヘイ
別名 ISHIDA Shuuhei
氏名 梅井 凡子
ヨミ ウメイ ナミコ
別名 UMEI Namiko
氏名 小野 武也
ヨミ オノ タケヤ
別名 ONO Takeya
氏名 沖 貞明
ヨミ オキ サダアキ
別名 OKI Sadaaki
Subject
足関節中間位固定
関節拘縮
関節可動域運動
ankle upon the position of joint fixation in neutral
joint contracture
range of motion exercise
Abstract

ラット足関節の底屈位固定期間中における,関節拘縮の発生抑制を目的とした運動療法の効果については報告されているが,固定期間の長短を問わず中間位固定期間中に関するものはない。そこで,中間位固定期間中における関節可動域運動の効果を検討した。その結果,1週間の中間位固定中ならば,1日1度,1度に5回の関節可動域運動で関節拘縮の発生を抑制することができるということが明らかとなった。

Several studies using therapeutic exercise to prevent joint contracture of the rat ankle upon the position of joint fixation in full plantar flexion are reported. However, the effect of neutral position is unknown. To investigate the effect of range of motion exercise to prevent joint contracture upon the position of joint fixation in neutral, an experimental study was performed. As a result, we concluded that range of motion exercise once a day could prevent joint contractures of immobilized ankles in rats.

Description

報告

Reports

Journal Title
人間と科学 : 県立広島大学保健福祉学部誌 = Humanity and science : journal of the Faculty of Health and Welfare
Volume
12
Issue
1
Spage
53
Epage
57
Published Date
2012-03
Publisher
県立広島大学
ISSN
1346-3217
NCID
AA12121256
NAID
40019238034
Language
jpn
NIIType
Departmental Bulletin Paper
Text Version
出版社版
Sort Key
08
Old URI
Set
pu-hiroshima