関節固定後早期における前十字靱帯破断強度の検討

URI http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/pu-hiroshima/metadata/10782
File
Title
関節固定後早期における前十字靱帯破断強度の検討
Title Alternative
An examination of the rupture strength for the anterior cruciate ligament in the early stage after joint immobilization
Author
氏名 林 一宏
ヨミ ハヤシ カズヒロ
別名 HAYASHI Kazuhiro
氏名 小野 武也
ヨミ オノ タケヤ
別名 ONO Takeya
氏名 沖 貞明
ヨミ オキ サダアキ
別名 OKI Sadaaki
氏名 梅井 凡子
ヨミ ウメイ ナミコ
別名 UMEI Namiko
氏名 大田尾 浩
ヨミ オオタオ ヒロシ
別名 OTAO Hiroshi
氏名 石倉 英樹
ヨミ イシクラ ヒデキ
別名 ISHIKURA Hideki
氏名 田坂 厚志
ヨミ タサカ アツシ
別名 TASAKA Atsushi
氏名 梛 千磨
ヨミ ナギ センマ
別名 NAGI Senma
氏名 大塚 彰
ヨミ オオツカ アキラ
別名 OTUKA Akira
Subject
関節固定
関節可動域制限
前十字靱帯
破断強度
joint immobilization
range of motion limitation
anterior cruciate ligament
rupture strength
Abstract

本研究の目的は,関節固定後早期における前十字靱帯の引張強度とコラーゲン線維の配列変化の関連について検討することである。実験対象には8週齢のWistar系ラット31匹を用い,それらを膝関節の固定期間により4週間までの1週間毎に4グループに分けた。各固定期間終了後に大腿骨-前十字靱帯-脛骨複合体の形態とした標本を引張試験に供した。また,前十字靱帯を組織固定し走査電子顕微鏡を使用して,コラーゲン線維の配列状態を観察した。その結果,関節固定後1週目という早期から可動域が制限され,前十字靱帯の破断強度が低下している傾向が認められた。コラーゲン線維の配列状態は,固定側は対照側と比較して乱れている様子が確認された。ただし,今回の研究では実験上の技術的な問題のために,標本数が確保できず,傾向を述べるにとどまった。今後の課題は,適切な対策を施して除外標本を減少させることである。

The purpose of this study was to investigate the tensile strength of the anterior cruciate ligament and the relation of arrangement change of collagen fibers in the early stage after joint immobilization. We used 31 Wistar rats aged eightweeks for the experiment. We divided the rats into four groups according to the immobilization period. We conducted a tensile test on the specimens made into the form of a femur-anterior cruciate ligament-tibia complex at the end of each immobilization period. Moreover we observed the arrangement state of collagen fibers using a scanning electron microscope. A tendency of range of motion limitation was observed one week after joint immobilization. A tendency for the rupture strength of the anterior cruciate ligament to fall was observed. A clear difference in the arrangement state of collagen fibers was observed. However, although from a technical point of view, we could not secure a sufficient number for statistical analysis, the research nevertheless describes a tendency. In future research, technical aspects of the experimentation process need to be improved and, in particular, the number of excluded specimens needs to be reduced.

Description

報告

Reports

Journal Title
人間と科学 : 県立広島大学保健福祉学部誌 = Humanity and science : journal of the Faculty of Health and Welfare
Volume
12
Issue
1
Spage
59
Epage
67
Published Date
2012-03
Publisher
県立広島大学
ISSN
1346-3217
NCID
AA12121256
NAID
40019238058
Language
jpn
NIIType
Departmental Bulletin Paper
Text Version
出版社版
Sort Key
09
Old URI
Set
pu-hiroshima