Dysarthria患者とその家族のコミュニケーションに対する意識 : 予備調査

URI http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/pu-hiroshima/metadata/10788
File
Title
Dysarthria患者とその家族のコミュニケーションに対する意識 : 予備調査
Title Alternative
A Preliminary Study of Psychosocial Impact of Dysarthria -A Questionnaire Survey-
Author
氏名 中村 文
ヨミ ナカムラ アヤ
別名 NAKAMURA Aya
氏名 小澤 由嗣
ヨミ オザワ ヨシアキ
別名 OZAWA Yoshiaki
Subject
dysarthria(運動障害性構音障害)
心理・社会的問題
家族
コミュニケーション
質問紙法
dysarthria
psychosocial aspect
family
communication
questionnaire
Abstract

dysarthriaのリハビリテーションを進める上で,患者自身の発話やコミュニケーションに対する見方や思いを把握することは重要である。本研究では,発症前後の日常活動の変化や,自己の発話・コミュニケーションについての意識,家族との意識のずれ等を明らかにすることを目的に,質問票を作成し,dysarthria患者とその家族を対象として調査を行った。その結果,多くの症例に共通する事柄として,①余暇的,対外的活動・参加が制限されやすい,②「自分で話したい」という思いがありながら,コミュニケーションに対して消極的な姿勢をとっている,③患者‐家族間には,発話・コミュニケーションに対する意識のずれが存在することなどが明らかになった。

On management of dysarthria, it is important to understand viewpoints of individuals with dysarthria. The purpose of this study was to examine the experience of individuals with dysarthria, with a focus on lifestyle changes, insider's perspectives on speech and communication, disagreement between individuals with dysarthria and their families.Originally developed questionnaires for individuals with dysarthria and their families were used. Psychosocial impacts of dysarthria were found from the questionnaires: 1) individuals with dysarthria are limited in leisure activities and outside activities and participations, 2) they are not always positive on communication, although they want to communicate by themselves, 3) their views on speech and communication do not necessarily agree with their families'.

Description

報告

Reports

Journal Title
人間と科学 : 県立広島大学保健福祉学部誌 = Humanity and science : journal of the Faculty of Health and Welfare
Volume
12
Issue
1
Spage
91
Epage
102
Published Date
2012-03
Publisher
県立広島大学
ISSN
1346-3217
NCID
AA12121256
NAID
40019238143
Language
jpn
NIIType
Departmental Bulletin Paper
Text Version
出版社版
Sort Key
12
Old URI
Set
pu-hiroshima