わが国の古代の赤米

URI http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/pu-hiroshima/metadata/12024
File
Title
わが国の古代の赤米
Author
氏名 小川 正巳
ヨミ オガワ マサミ
別名 OGAWA Masami
氏名 猪谷 富雄
ヨミ イタニ トミオ
別名 ITANI Tomio
Subject
赤米
古代
正倉院文書
善水寺
東大寺正倉院
平城京
木簡
Abstract

飛鳥期, 奈良期および平安期に当る, わが国の古代における赤米の実体を知るために史料類および現物に関する資料について調査し, 考察を行った. 古代の遺跡から出土した木簡を網羅的に調査したところ赤米を記した木簡が 27点見出された. そして奈良期の正倉院文書からの3 点の赤米関連の記事について考察した. また, 東大寺正倉院保存の現物および平安期の現物などについての従来の調査を考察した. これらは, わが国の古代における赤米に関する記録, 現物であるが, 奈良期を中心にした古代において赤米が中部, 北陸, 近畿そして中国地方の広範囲において栽培され,
平城京などの宮都へ貢納されていたことが明らかにされた. しかし, 全体の米生産量に占める赤米の割合は全く明らかでなく, また, 当時の赤米に対する価値観についてすなわち重要視・神聖視されていたのかあるいは逆に軽視されていたのかどうかも不明である.

Journal Title
県立広島大学生命環境学術誌
Volume
5
Spage
49
Epage
63
Published Date
2013-03
Publisher
県立広島大学
ISSN
1883-650X
Language
jpn
NIIType
Departmental Bulletin Paper
Text Version
著者版
Sort Key
3
Old URI
Set
pu-hiroshima