カフェテリア形式における雌雄ラットの摂食行動について

URI http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/pu-hiroshima/metadata/12135
ファイル
タイトル
カフェテリア形式における雌雄ラットの摂食行動について
別タイトル
Feeding behavior of male and female rats fed with cafeteria system diets
著者
氏名 苧坂 枝織
ヨミ オオサカ シオリ
別名 Osaka Shiori
氏名 農澤 奈穂子
ヨミ ノウザワ ナホコ
別名 Nouzawa Nahoko
氏名 国信 清香
ヨミ クニノブ キヨカ
別名 Kuninobu Kiyoka
氏名 佐野 尚美
ヨミ サノ ナオミ
別名 Sano Naomi
氏名 加藤 秀夫
ヨミ カトウ ヒデオ
別名 Kato Hideo
氏名 西田 由香
ヨミ ニシダ ユカ
別名 Nishida Yuka
内容記述

The present study was to investigate cause of disturbance of the diet refer to instinctive feeding behavior or diet habit. The rats were fed three times per day four types of cafeteria system diets differ of nutritional composition. Feeding patterns of rats were no sex difference and dependent on high fat / high protein diet and high fat / high sugar diet. The time lowest food consumption was first half of the active phase, food consumption became higher with second half of the active phase. By continuing this diet habit, we observed biochemistry index of blood and liver : increase body fat, depot liver fat, low serum albmin. Thus it is necessary for developing healthy diet habits to learn knowledge of controlling instinctive palatability, and this study suggested nutrition physiologic significance of diet education.

掲載雑誌名
県立広島大学人間文化学部紀要
8
開始ページ
11
終了ページ
20
出版年月日
2013-03
出版者
県立広島大学
ISSN
2186-5590
NCID
AA12116573
本文言語
日本語
資料タイプ
紀要論文
著者版フラグ
出版社版
ソートキー
002
旧URI
区分
pu-hiroshima