不確実な需要環境における販売・生産部門連携生産計画システム : 需要は自己相関がある場合

URI http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/pu-hiroshima/metadata/12184
File
Title
不確実な需要環境における販売・生産部門連携生産計画システム : 需要は自己相関がある場合
Title Alternative
Production Planning with Uncertain Advance demand Information : In the Case that Demand is Auto-correlated
Author
氏名 上野 信行
ヨミ ウエノ ノブユキ
別名 Ueno Nobuyuki
氏名 呂 海涛
ヨミ
別名 LV Haitao
Abstract

不確実な需要環境に対して,自動車部品製造におけるサプライチェーンを対象に企業間の内示情報を生産計画に活用する研究が進められてきた。
本論文は,対象を一般消費財に拡大し,企業内における販売部門から生産部門に提示される「内示情報」を生産計画に活用する方法を述べる。需要量は不確実であるが,販売部門からは事前の内示情報があり,かつ需要量は一定の内示量をベースに自己相関があるという前提で生産部門の生産計画の立案方法を提案する。まず,内示情報を活用する販売部門・生産部門連携の生産計画モデルを定式化する。確率制約と線形の生産制約のもとで,製造・在庫コストの合計の期待値を最小とする期別生産予定量を求める確率計画問題となる。従来は,確定注文(需要量)は内示量からのばらつきとして表現され,在庫の分散共分散行列は「期」によらず一定であった。本論文では,在庫の分散共分散行列が「期」に依存し,時間変化することを示す。モデルを定式化
し,解法の課題を明らかにする。

Journal Title
県立広島大学経営情報学部論集
Volume
5
Spage
65
Epage
75
Published Date
2013-02
Publisher
県立広島大学
ISSN
1882-7985
NCID
AA12388008
Language
jpn
NIIType
Departmental Bulletin Paper
Text Version
出版社版
Sort Key
06
Set
pu-hiroshima